お金が足りなくなれば自分自身に借りる

給料日前になれば確かにお金が足りなくなることもあります。しかし、そこで消費者金融などで借りたり、カードローンなどで借りたりすれば返済に追われる生活になってしまうので、私の場合は自分自身に借りるようにしています。自分自身で借りるというと少し意味が分かりにくいと思いますが、生活費がなくなれば生活費以外の自分のお金から借りるということです。

何も考えずに収入をありったけ使うという生活でなければ何かしらおいているお金というのがあると思います。旅行に行くために貯めているお金だとか、まとまって必要な家賃の更新料のお金とかです。普通はそういったお金は足りなくなってそのままなし崩しになってしまうことが多いと思いますがそこは借金をしているという意識で次の収入がはいれば一番すぐにその金額分を自分自身で返却するようにしています。

生活費以外のお金が全くない人には出来ないことですが、こういうお金がある人は他で借りるよりも自分のお金の中でやりくりし、すぐ返済するようにすれば利子もつかずにいいと思います。

Comments are closed.