Archive for 5月, 2014

ラッピングのこと

木曜日, 5月 29th, 2014

プレゼントの包装というのはなかなか難しいものである。

たまに過剰すぎる包装をみると、もったいないしもう少し簡潔にしてもいいだろうにと思う。とはいえは、あまりにも質素な包みだとプレゼントとしての価値が薄れるようにも思うのだ。

どの程度の包装が適度なのか、はいつも悩む。

最近では箱やキレイなラッピングは有料というお店が多いので、無料の簡単な包みとリボンをつけてもらう程度のことが多い。通常ならばそれで十分だと思う。しかし、気合の入るプレゼント(たとえば彼女や意中の人などへのプレゼントなど)はやはりキチンとキレイなラッピングにしたいものだ。しっかりしているほど気持ちがこもっているように見えるからだ。

とはいえ、やはり無駄になるだけな気がする過剰ラッピングはためらってしまう。箱や包み紙がキレイで再利用したくなるようなものばかりであればいいかもしれない。

 

某有名テーマパークのおみやげは、箱や缶まで可愛くて後々も使えるものをついえらんでしまう。同じように、自分があげるプレゼントもゴミになるだけの箱にならないように気をつけてみるのも面白いと思う。

 

包みは質素でも、100円ショップのちょっとした手提げ袋などに入れて渡すのもありだと思う。プレゼントにもそうした小さな工夫をこらしていくことで、煌びやかさを失わないエコなプレゼントができるだろう。

 

貰ったほうも、ゴミになるものばかりの包装であるよりいいと思うのだ。

花束を貰ったら

木曜日, 5月 15th, 2014

母の日にカーネーションの花束や鉢植えを貰ったという人は多いと思う。女性はやはり花を貰うのは嬉しいものである。普段貰うものではないからだ。

華やかな花は気分を良くさせるものでもあるだろう。

しかし、実際によほど好きな人でなければ花を貰って嬉しいが少し困るというのが本音ではないだろうか。

花束はそのまま入れられるような花瓶があれば輪ゴムなどをしたまま入れてしまうのが一番いい。その時に1mmでもいいから茎を切ると水揚げがよくなる。また、できたら毎日水を取り替えて清潔な水を保つのがいい。できるなら水を変える度に1mmづつ切るとより良いだろう。大きな花瓶がなければ思い切って花束を崩し、短く切ってあちこちに1輪刺しとして活けると家中が華やかになっていいと思う。

鉢植えのものは育てるのが好きな人ならまだしも、そういうものに興味がない人にとっては世話も、もし枯れてしまった後の処分も困ってしまうものだ。ならば、1週間ほどしか持たなくてもキレイで、その後処分しやすい切り花というのはいいような気がする。

 

贈り物というのは、もらった側が困るものでは逆に迷惑だと思う。

以前、引き出物に新郎新婦の名前入りのお皿を貰ったことがあるが、確かに記念にはなるが使うこともできず、処分することもできず、奥深くにしまわれたままである。

こういうものこそ、どう扱っていいかわからないので困る。せめて、新郎新婦の名前が入っていなければ普段使いできてありがたかったのだが…。

 

貰って嬉しかったもの

木曜日, 5月 8th, 2014

自分はお酒をよく飲む方で、最近ではプレゼントというとお酒を貰うことが多い。普段、自分ではなかなか買えなかったりするものであったり、知らないお酒などを貰うことはとても嬉しい。

ウィスキーが好きなことを周りも知っていて、特にバーボンが好みなので様々なバーボンを貰うことが多く、とても幸せである。最近ではBookersというバーボンの中でもかなりアルコール度数が高く香りも強いものをいただいた。他にもフォアローゼズのプレミアムラベルなど。これがまた美味しい。

他には、新潟の北雪という日本酒でつくった梅酒をもらったことがあるのだが、これが実に美味しい。もともと、日本酒は飲めなかったのだが、日本酒梅酒を経験してからというもの、日本酒も飲めるようになってきた。いつかこの北雪という日本酒そのものも飲んでみたいものである。

自分の好きなものが周りに知れているということもあるが、自分が喜ぶであろうと選んでくれるギフトはやはり嬉しいものである。もちろん中には心からありがたいと思えないような品物を貰うこともある。だが、自分のために選んでくれたものであるから、そういった気持は嬉しいのだ。例え似合わない服であったとしても使用している様を1度や2度は送り主に見せたりするのが最大のお礼になると思っている。

いつまでも未使用のままホコリを被せておくは失礼だろう。ましてや、それを贈り主に知られてしまったら申し訳ないことこの上ないのだから。